読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

氷瀑捜索隊 宝台樹 裏見の滝へ byまめ子

タイトルの通り、奥利根 宝台樹へ氷瀑を見に行ってきました!

Myスノーシュー!
f:id:otonajoshi:20160219204959j:plain

当日はホワイトアウトは避けられたものの
横殴りの雪が何度も繰り返し降っていました。
時たま太陽が顔を出してくれましたが、
1日通してほぼ曇り空。
ピーカンでのスノーシューは出来ませんでした。

f:id:otonajoshi:20160219204253j:plain

しかし雪の中進んで見に行った甲斐はありました。
滝が凍った姿は本当に綺麗!
毎年形が変わるのも特別感があります。

f:id:otonajoshi:20160219232815j:plain



3月に開催される、
【おとな女子登山部と行こう!】
スノーシューで神秘の洞窟へ 奥利根 大幽洞窟

f:id:otonajoshi:20160219232913j:plain

http://www.kojitusanso.jp/school/practical/detail/?p=776

こちらのツアーは裏見の滝と同じく宝台樹スキー場の近くに位置しています。
ルートは異なりますが、ツアー参加予定の方に向けた今回の私の服装、装備等参考程度に簡単に載せさせていただきます!

【ウェア】
(アンダーウェア)
速乾性のあるカップ付きの長袖ブラ
(ミドル)
化繊の薄手長袖+ジップアップのウール長袖
(アウター)
冬用ジャケット
(パンツ)
速乾性のショーツ+化繊タイツ
+スリーシーズン向けパンツ
+薄手のオーバーパンツ
(ソックス)
薄手インナーソックス+厚手ウールソックス
(その他)
ニット帽 ネックウォーマー
インナー手袋+厚手手袋
バラクラバ

寒かった時の防寒着兼行き帰りの上着として
フリースとインナーダウンももちろんザックにin!
オーバージャケットで暑すぎた時の為に
薄手のソフトシェルも持っていきましたが、
吹雪+湿り雪のせいで使うタイミングはありませんでした。

私は割りと暑がりの方ですが、今回は結構着こみました。風があるとやはり寒い!
しかし歩き続けていると汗はかきます。
冬季はやはり温度調節が夏より忙しい。
ベンチレーションがあるジャケットやオーバーパンツだと空気の入れ替えが出来て少し快適です。

ちなみにザックは35リットル
f:id:otonajoshi:20160219233720j:plain
なんだか機嫌悪そうな顔した人ですね。

途中で宴会を開く予定だったので、
鍋二つとたくさんの食材を持っていました。
結局やる時間、天候で断念しましたが(;-;)
大幽ツアーの時は25~30リットルで行こうかと思っています。 

あとは
スノーバスケット付きのストック
スノーシュー
サングラス(風があったのでゴーグルのがよかった、、)
登山靴は厳冬季用を。

サーモスには温かいお湯を入れて行きました。

こんな感じですかね。


長々書いてしまってすみません。
最後になりましたが、こちらのスノーシューツアーはありがたいことに、
満員御礼!!
只今キャンセル待ちとなっております。


当日はワタクシ『まめ子』も同行予定となっております。
皆様とニョロニョロ捜索隊になれること、楽しみにしております!
よろしくお願いします!!