梅雨の山登りにまつわるあれこれ by ニコ

こんにちは、ニコです!

 

連日ジメジメドンヨリの埼玉から、まだ夜が明ける前に出発して目指すは

上越国境に位置する「白毛門(しらがもん)」。

 

天気予報がピンポイントで谷川エリアだけいい日にたまたま休みだったので

ひさしぶりにガッツリ山登りをしに出かけました。

 

 

f:id:otonajoshi:20210523151850j:plain

(山頂での休憩ではカラダが冷えるのでミレーのアルファライトを)

 

白毛門といえば、急登が有名。

木の根っこや岩場(鎖場)が連続して息のあがる登山道がひたすら続く。

 

 

f:id:otonajoshi:20210523152523j:plain



こんな登山道が続くので、登山者さんが少ないのも特長。

 

 

f:id:otonajoshi:20210523153123j:plain

 

疲れた頃に時折みえる谷川岳方面の絶景に癒されます。

 

f:id:otonajoshi:20210523153305j:plain

 

いまの上越エリアはキレイな花が見頃の終盤。

 

f:id:otonajoshi:20210523154059j:plain

 

間違いなく体力消耗する山登りでは、装備も軽量化。

ミレーからでたばかりの女性のためのモデル「スイウ」シリーズから

22Lのザックをチョイス。

 

22Lというわりに容量がたっぷり!

高い耐水性のある生地を使用しているので、下山で雨に降られた今回も

ザックカバー不要でまったく問題ありませんでした!

 

完全防水ではありませんので、絶対に濡らしたくないものは

防水のスタッフバッグへ。(夏山はコレ、必携)

 

 

f:id:otonajoshi:20210523154431j:plain

 

よく弾く!ザックを振ったらツルン!と落ちてく!

 

f:id:otonajoshi:20210523154630j:plain

 

個人的には山で傘ってよく登場します。

樹林帯の歩きやすいところでは、傘が気軽で大好き。

「あと少しでクルマだよ!」ってときとか・・・

 

f:id:otonajoshi:20210523154814j:plain

 

最後は沢の水で靴をキレイにしてスッキリ!

 

今回は滑る木の根っこ地獄だったので、グリップ力のある登山靴はマスト!

モンチュラのヤルテクノGTXのおかげで安心して歩くことができました。

 

 

f:id:otonajoshi:20210523155151j:plain

 

シーズンはじめのあるある、みなさまは気をつけてくださいね!

 

 

f:id:otonajoshi:20210523155229j:plain

 

どこも立ち寄らずに自宅と土合を往復した今回の山登り。

あっとゆうまに終わってしまいました。

 

f:id:otonajoshi:20210523155339j:plain

 

最後に、もっちーがくれたこの白毛門手ぬぐい(オーダーメイド)。

ここでしか使えないので、余すとこなく広げてみました。

 

 

 

ニコ