お家で楽しめるヤマスタ  byあやや

皆さんこんにちは。

突然ですが、”YAMASTA(ヤマスタ)”ってご存知でしょうか。

このブログでも何度かご紹介したことがあるのですが、出版社の山と渓谷社さん開催している、登山の際、スマートフォンのGPSを利用し、記念のデジタルスタンプを発行し収集するアプリがヤマスタです。

 

私も登山に行った時は、山頂でチェックインするようにしています。

(該当する山のみの開催です。)

f:id:otonajoshi:20200515144222j:plain

雲取山でチェックイン。圏外の場合はスタンプは仮発行され、電波が入った時にスタンプが表示されます。

 

御朱印帳のような感覚で集めており、たまに思い出してはたまったスタンプを見返しています。

f:id:otonajoshi:20200515143213p:plain

 

ただ、今年はなかなか山に行けなさそうだな・・・と寂しく思っていたら、ヤマケイさんが楽しい企画を考えてくれました。

山に行けない今でも楽しめるようにと、”STAY HOME応援企画”が5月13日からスタートしております。

”おうちでスタンプGET!キャンペーン”です。

【実施期間】 2020/5/13(水)~緊急事態宣言が解除されるまで(全国)

 

yamasta.yamakei.co.jp

 

>ヤマスタより引用

だんだんと暖かくなり、ますます外に出たくなりますが、宣言が解除され、お出掛けが自由にできるようになるまで、今しばらく時間がかかりそうです。

 

そこで今回は、ヤマスタ初の試みとして、「おうちでスタンプGET!キャンペーン」を実施いたします。

なんと、お家にいながらでもチェックインしてスタンプをゲット出来てしまうという、スペシャルなキャンペーンです。

さらに、毎日の連続チェックインで獲得できる特別なスタンプもあります♪

そのなかには、昔、流行り病が広がったときに疫病除けのために書かれた、伝説のキャラクターが・・・!

 

ということで、私も昨日からお家でチェックインして、スタンプをゲットしました。これから何が出るか楽しみです♪

f:id:otonajoshi:20200515143610p:plain

伝説のキャラクターは、やはり、あいつかもしれません(笑)

 

皆さんもおうち時間で参加してみてくださいね!(^^)!

たった15分で思い出のTシャツが大変身!針と糸なしで簡単マイバッグ by ニコ

こんにちは、ニコです!

 

マラソンやトレランの大会でもらった記念Tシャツ

汚れや穴あきができて着られないTシャツ

ご自宅に眠っていませんか???

 

今回は針と糸不要でつくれるマイバックのご紹介!!

 

山登りをする人はシャツ類の消耗も多いはず!

家にいる時間がたくさんあるイマだからこそ、ぜひ作ってみてください♪

 

Img_4002  

  

今回は、山の日のイベントでいただいたSTAFFシャツですが 

袖に洗っても落ちない汚れがついてしまいました。

イベントの思い出があるのでなかなか捨てられず・・・

 

Img_3985  

 

1.まずTシャツを広げて図のようにカットします。 

  

Img_3987_2

   

2.さらに、スソをフリンジ状にカットします。(5~8cm)

前と後ろの生地を一緒にカットしてください。

  

Img_3991  

   

3.Tシャツを裏返して、2でカットしたフリンジを前後ペアにして結んでゆきます。

 

Img_3996  

 

4.すべて結び終えたら、また裏返して完成!

 

Img_3999  

 

 

見た目以上に重さにも耐えます。

  

Img_4015  

  

 結び目がキツイほど◎

  

Img_4019   

ゴミもほとんどでません。

すでに汚れていた袖は登山靴を拭いたり、掃除に活用。 

  

Img_4021   

仲間との大切な思い出を

まだまだ身近に感じていられて、とても幸せです。

  

Img_4014

  

今回は、2019年秋に丹沢のイベントで着用したしたスタッフTシャツでした♪

見たことある方も多いのではないでしょうか???笑

  

B01424ec75d04d1393a6b6b1a0c2875a 

 

いまの状況が落ち着いたら、

また一緒に山登りをしましょうねーーー!

 

ニコ

 

今シーズンの冬山は八ヶ岳 byつじまい

こんにちは!つじまいです(^v^)

暖冬で雪少なしといわれる今冬ですが、今年に入ってから3度八ヶ岳にお邪魔しました!

1月中旬にアイスクライミング&(岩と雪の)ミックスクライミング

広河原沢 左俣&2ルンゼ奥壁

f:id:otonajoshi:20200224171959j:plain

1月末に赤岳主稜(バリエーション)

降雪後の赤岳西壁主稜 2020

f:id:otonajoshi:20200224172417j:plain

2月後半に阿弥陀岳北西稜(バリエーション)

八ヶ岳冬期クライミング 阿弥陀岳北西稜f:id:otonajoshi:20200221104444j:plain

八ヶ岳のように場所を選ぶと、雪山を楽しむことができますね。

赤岳や硫黄岳への登山拠点としては赤岳鉱泉がオススメです。

f:id:otonajoshi:20200224181144j:plain

通年営業で、食事がとっても美味しく、山小屋とは思えない快適さ。

さらに赤岳鉱泉の冬といえばアイスキャンディが有名♪

といっても冷たくて美味しい食べ物ではなく、氷の滝を登るアイスクライミングが小屋を出て1分で楽しめるのです。

f:id:otonajoshi:20200224173931j:plain

経験の無い方は初心者体験会も開催しているようです☺

 

そして先日、おとな女子のみんなが大好きな「J&N」さんに初めて行ってきました♡

f:id:otonajoshi:20200221140652j:plainyama-osusowake.hatenablog.com

今まで、下山時間が遅かったり、定休日でフラれ続けていたので、念願叶いました!!

あたたかい暖炉の前でハンバーグ♡

f:id:otonajoshi:20200221142453j:plain

私、嬉し過ぎて満面の笑み☺

食事をしたら、お風呂が半額の350円でした!(驚)

 

まだ、私たちの冬は終わっていない!

少し遠出して雪を踏みに行きましょう♪

byつじまい

コンビ再結成?!ニコ&もっちー 雪の四阿山(あずまやさん/2,354m)へ! by ニコ

こんにちは、ニコです!

 

 

おとな女子登山部のもっちーと

「ガッツリの雪山いきたくない?!」ということで

群馬県と長野県の県境にある四阿山(あずまやさん)へ!

 

 

わたくしニコともっちーは、同じ釜の飯を食べてきた仲。

 

 

 

 

f:id:otonajoshi:20200218175832j:plain

 

 

 

んんんんん・・・?

 

なにかお気づきでしょうか・・・?笑

ハイ、こちらの写真は2人とも合成!!(真顔)

 

こんなに仲良しを醸しだしているのに

うかつにも2人一緒の写真がない!!という緊急事態発生。

 

※使用している写真はすべて、今回撮影してきたものです。

 

 

f:id:otonajoshi:20200217112115j:plain

 

悪天候の予報が一転、超快晴!!

風は強かったものの、外気温は高く気持ちよかったです◎

 

 

雪がなかったらどうしよう・・・と、心配していましたが

雪山登山をたのしむくらいは積雪あり!

 

 

そのかわり、雪が緩んで踏み抜きがエンドレス・・・

まるでアリジゴクのよう!!

 

 

f:id:otonajoshi:20200218180411j:plain

 (絶賛踏み抜き中のわたくし)

 

 

 

股関節までガッツリはまります・・・

 

 

f:id:otonajoshi:20200217102554j:plain

 

f:id:otonajoshi:20200217110443j:plain

 (ガンガンダッシュというスラングを「がんだ」と略す彼女のニックネームは

ガンダーラに決まりました)

 

 

 

 

春の雪山はスノーシューやワカンがないとめちゃくちゃ大変!

ワカンをはいても、不意にズボッとはまりますけれど・・・。

 

 

f:id:otonajoshi:20200218180846j:plain

 

 

 

あと、これだけ天気がいいとやっぱり目が痛い・・・!!

雪目に気をつけないと、下手したら失明してしまいます。

 

 

f:id:otonajoshi:20200217104718j:plain

 

(大人気goodrのサングラスを愛用するグーダラもっちー。失礼!グダーラーもっちー) 

 

 

あとはこの季節特有の問題が「寒さ」!!

 

せっかくの景色を携帯電話で撮影しようとしても

寒さのせいで(とくにスマホは)電源が落ちてしまいます。

 

 

f:id:otonajoshi:20200218181525j:plain

 

 

ちなみに、わたしはオリンパスのOM-Dを使用しています。

防塵、防滴なので山登りにはもってこい!

雪山で転んでも全ー然OKです♪

 

 

f:id:otonajoshi:20200218181827j:plain

 

ミレーのブリーザージャケット(写真の黄土色のジャケット)も

ウェア内に熱がこもりすぎず適温に保つ優秀なアイテムで

今季のヘビロテ認定!これは本当に快適!!

 

f:id:otonajoshi:20200217133230j:plain

 

 

定番のサーモス山専ボトルもしっかり持参しました!

すばやくあたたかい飲み物、食べ物がいただけます◎

 

雪山にいくと、どんなに天気が良くてもバーナーでお湯を沸かして・・・

って気分にならないのはわたしだけでしょうか???

 

 

f:id:otonajoshi:20200218182220j:plain

 

(もっちーからダメ出しされた山頂写真)

 

 

今回は、あずまや高原ホテルから山頂のピストンでした♪

 

 

★ツアーのお知らせ★

 

 

今回一緒に山登りをしたもっちーが同行する

スノーシューツアーが2月22日(土)催行決定しました!!

 

まだ若干ですが、空席あります!

名古屋の周辺からバスで楽々♪

 

▼お申込みはこちらから▼

 

https://www.kojitusanso.jp/school/practical/detail/?p=1508

 

ニコ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

OLYMPUSカメラ講座のオフ会を開催してみました! by ニコ

毎日こんにちは!

ニコです!

 

2019年秋〜冬に開催された、

OLYMPUSカメラ講座のご参加者いただいたみなさま、講師の秦先生、メーカーの担当者様と

フォローアップミーティングを兼ねて2月10日(月)にオフ会を開催しました♪

 

f:id:otonajoshi:20200212105658j:image

 

なんとこれ、

完全にプライベートで全員参加!

すごくないですか?笑

 

仕事終わりにみなさま池袋西口店に駆けつけてくださり、2月いっぱい展示をしている写真展の見学を兼ねて、たまたま空いていたLABOをお借りして先生から簡単な講評をしていただきました!!

 

f:id:otonajoshi:20200212105800j:image

 

先生のやさしくおもしろい話がみんな大好き!


f:id:otonajoshi:20200212105805j:image

(池袋西口店のはからいで、急きょ講座室をお借りしたので乱雑な室内、、、すみません、、)

 

f:id:otonajoshi:20200212110231j:image

 

OLYMPUSさんからは

講座の修了証を1人ずついただきました!

 

裏には集合写真もはいってます♪

 

f:id:otonajoshi:20200212110209j:image

 

今度は山登りして、星空撮りたい!

みんなで行きたい!

 

なんて、盛り上がっていたらあっとゆうまに時間は過ぎてしまいました。みなさま楽しい時間を、本当にありがとうございました♪

 

秦先生は、今年も写真展など予定がたくさんありますので、タイミングをみてまた随時こちらのブログでもお知らせします。

 

f:id:otonajoshi:20200212112201j:image

 

また必ずお会いしましょう!

 

 

 

 

 

ニコ

 

ロードバイクで春日井三山へ行って来ました★ byもっちー

「チャリで来た。(ガッズポーズ)」

聞き覚えのあるフレーズですが、リアルチャリで来ました。

 

もっちー、トレイルランニング再始動ということで、今回はトレーニング登山として春日井三山へミニ縦走。

 

春日井三山とは、道樹山(429m)、大谷山(425m)、弥勒山(437m)の3つの山を周回コースで登れ、春は山野草、夏は新緑、秋は紅葉と四季の自然を楽しむことができる名古屋近郊で人気の山です。

 

トレーニングとしては少し物足りなさを感じたので、自宅から登山口までのアプローチをロードバイクにしてみました!

f:id:otonajoshi:20200127134902j:image

 

私の場合、名古屋市内の自宅から約35kmで約2時間(17.5km/h)といったところでしょうか。

 

さすがに少しお尻が痛い、、、(笑)

 

今回初めて登りますが、とっても歩きやすいです!!

f:id:otonajoshi:20200127140055j:image

途中階段がでてきたり、アップダウンもありますが、ほぼ樹林帯。

f:id:otonajoshi:20200128000743j:image
程よい塩梅です。

f:id:otonajoshi:20200127140112j:image

縦走してもコースタイムは2時間程度。
少し時間があればサクッと登れてしまうあたりも魅力的です。



親子登山、単独登山、ご夫婦でお散歩されている方が多い印象です。

f:id:otonajoshi:20200127140136j:image

 

時間があれば何度でも登りたい!
もっちーは、今後もトレーニングとして登りに来ようと思います☆

 

 

休憩処もあるので、暖かくなったら友達を連れて山ごはんも良いかも♫(名古屋に友達がいないという悲しい現実は伏せておきます。)

f:id:otonajoshi:20200127140149j:image

 

登山の起点、終点となる『春日井都市緑化植物園』には、広大な敷地に動物ふれあい広場、アスレチック広場、ボート池、ちょっとしたカフェなんかも。

f:id:otonajoshi:20200128002950j:image



これだけ施設が整っていて入園無料は驚きです。登山と合わせて1日楽しむこともできそうです!

 

まだまだ愛知県の山を知れていないですが、魅力的な里山が多そう👀

f:id:otonajoshi:20200127140223j:image

 

春日井三山登山レポ

 

byもっちー

f:id:otonajoshi:20200127140335j:image

軽アイゼンで高見山へ行って来ました♪  byあやや

皆さんこんにちは。

暖冬の影響で特に関西では雪が少な目ではありますが、逆に言えば雪山デビューもしやすいかも!!

という事で先週のお話なのですが、関西のマッターホルン・高見山(奈良県と三重県の県境)へ初・雪山の方を誘って行って来ました。

高見山のコースタイムは往復で4~5時間。長すぎず丁度良いです。

f:id:otonajoshi:20200118120222j:plain

最寄駅から臨時のバスで登山口に到着。

(あのリズムで)ない、ない、ない。雪がなーい。

f:id:otonajoshi:20200118100759j:plain

少し出てきただけでこの笑顔。

f:id:otonajoshi:20200118105227j:plain

「軽アイゼンってまだですかね?」「・・・全然まだですね」

f:id:otonajoshi:20200118110215j:plain

「軽アイゼンってまだですかね?」「・・・まだですね」

f:id:otonajoshi:20200118115536j:plain

「そろそろ付けてもいいかも」と思った矢先、山頂が見えました。

という事で前半戦はギリギリなしで登頂出来ました。

f:id:otonajoshi:20200118125423j:plain

寒い時にささっと食べられるカップラーメンって最高ですね。

(小屋内が混雑していたのでバーナーを使う方は外に出られていました。)

f:id:otonajoshi:20200118131135j:plain

アツアツのお湯を運んでくれるサーモスボトル、便利過ぎです。

f:id:otonajoshi:20200125114825p:plain

申し合わせていなかったものの、各自が持ち寄った美味しそうなスイーツが並びました。完全にオーバーカロリー。

f:id:otonajoshi:20200120113129j:plain

下山でついに軽アイゼンを装着します。

《装着ポイント》

・ゲイターの上から付ける。

・靴底の真ん中に歯が来るようにする。

・薄手のグローブをしながら装着出来ればエクセレント!!f:id:otonajoshi:20200118134125j:plain

ラチェットタイプが扱いやすいです。動画も宜しければご覧下さい。

www.youtube.com

慣れるまではストックがあるとバランスが取りやすいです。

f:id:otonajoshi:20200118134926j:plain

ストックの先端の先ゴムは滑るので外しておきましょう。左のように大き目のスノーバスケットを付けておけばストックも沈みません。

f:id:otonajoshi:20190119112621j:plain

関西近郊の山は、今の時期夏山装備+αで出掛けられる場所も多いです。

例年よりも雪が少ないからこそ、いつもなら躊躇してしまうけど、今回は試しに行ってみようかな、と思える場所もあると思います。

暖冬をチャンスととらえ是非お出掛けしてみて下さいね(*^_^*)

 

帰った後はメンテナンス。

なみへ~の分かりやすい過去記事です。

yamafashion.hatenadiary.jp

 

高見山の登山レポートはこちら